top of page
  • 執筆者の写真web担

KQC Times 2023年1月号

更新日:2023年3月3日

 新年明けましておめでとうございます。(執筆:2月)Web担早間、新年の目標を忘れてしまいましたが元気にやって行こうと思います。○月号の部分がもとに戻っていることにお気づきでしょう。数ヶ月分をすっ飛ばし、未来に飛んできたのが2月の早間です。よって1・2月号は、コラム大騒ぎ号にしようと思いまして、執筆の呼びかけを頑張りました。本当は執行役員全員に書いてほしかったのですが...みな忙しいのでこれだけは仕方ありませんね!コラムの後、2・3月の練習日程や1月の成人射会の報告、はるがのお知らせ等盛りだくさんですのでぜひ最後までご一読くださいまし!


****************************************


【トピック】

・コラム

・2,3月の練習日程

・成人射会

・春合宿について


****************************************


《コラム1》

初めまして!

KQC36期総務の牧之瀬です。私はサークルに夏合宿以来顔を出しておらず、幽霊部員と化しているわけですが、最近は行きつけのポーカールームと業務委託契約の形で契約致しまして、プロポーカープレイヤーになりました笑最近流行ってきているのもあり、ポーカー人口も増えてきているので、この期に始めてみようと思っている方は是非連絡ください笑☺️


春合宿は1泊だけ行く予定なので、久しぶりに弓道に勤しみたいと思っています笑新歓もぼちぼち始まるので、1個上の総務としてアドバイスして行こうと思います!!さらに大きなサークルになることを願っています…!!


ここまでお読み頂きありがとうございました😁


****************************************


《コラム2》

「ぽこっ」

著 金井亮 


「ただいま〜」

「コートは玄関で脱ぎなさい!花粉がリビングまで入ってきたらお母さん大変だわ」

「亮こっち来いっ、背中マッサージしてくれ」

「お父さん飲み過ぎ!あと一杯で我慢しなさい!」

「いいじゃねぇか金曜なんだから、俺にはゆっくりする時間もないのかよ」

「そう言いたいんじゃないわ、体の心配をしてるんです」

「んな関係ないだろぉ、うるさいなぁもう」

小学校の正門を真っ直ぐ進み、歩道橋を渡った先の日高君の家を右に曲がったところにある僕の家は、橙色の輝きで地球を包み、息を潜めるように沈みかける放課後の夕日とは打って変わってとても賑やかである。僕は母の言われた通りコートを脱ぎ、玄関前で叩いて花粉を落としてからもう一度家に入った。やはり外は静かで、やはり家の中は賑やかである。リビングに入ると、兄がWiiで『大乱闘スマッシュブラザーズX』をやっていた。アドベンチャーモードの亜空の使者がどうしてもクリアできず、ソニックでダンジョンを周回しているようだ。仕方なく僕も加わる。僕が使うキャラクターはキャプテンファルコンだ。本当はアイクの方が好きで使いたいのだが、足が遅すぎてダンジョンを素早く回れないから足の速いキャラにしろと言われて以降、キャプテンファルコンを使うことにしている。いつだってそうだ。『スーパーマリオギャラクシー2』だって、兄はいつもマリオを使い、僕はチコでスターピースを集めるだけなのだ。

まぁそんなことはどうでもいい。

昨日と同じく亜空の使者をクリアすることはできず、満足のいくまで様々なダンジョンを周回した兄はテレビ下の戸棚からPSPを取り出し、『モンスターハンター3』のG級クエストを周回し始めた。この間、兄は一言も喋っていない。まばたきもきっと3、4回しかしていないだろう。一体何が、兄をここまで本気にさせているのだろう。

まぁそんなことはどうでもいい。

僕の家の夕食はかなり早い。中嶋君の家は8時って言ってたし、大原君の家は7時半くらいだと言ってた。そういえば森田の家は10時だって言ってたな。そうとなると一周回ってもうお腹空かなくなるよな。僕の家は5時半だ。かなり早い。

まぁそんなことはどうでもいい。

今日の夕飯は青椒肉絲だ。子供が苦手とするピーマンとナスの両方が混入している、珍しいメニューだ。食べれる食材といったらひき肉しかない。箸で取ろうとしてもポロポロこぼれ落ちてしまうくらいのひき肉。せめて豚肉にして欲しいと心の中で呟いたが、ピーマンとナスが食べれない僕に何か言う資格は無く、泣く泣く鼻をつまみながらピーマンとナスを口に捩じ込んだ。きっとつまんでいる手を離したら、口いっぱいにピーマンの苦味が広がっているんだろうなと、想像してくもないが想像できてしまうそう遠くない未来に憔悴していた。

まぁそんなことはどうでもいい。

そう、そんなことはどうでもいいのだ。

明日から始まる連休を待ちあぐねている父は、7時を前にして早くも酔い潰れていた。青椒肉絲と必死に1on1している僕に「マッサージしてくれー」の一点張り。もっと息子に話しかけることはあるだろ、と思いながらも、格闘は続いている。兄は夕飯前に始めていたG級クエストの続きをソファの上でやっていた。ナルガクルガの4段攻撃を太刀で綺麗に躱している。ナルガクルガは4段攻撃をしたあと必ず怯むため、その一瞬を兄は逃さず鬼神斬りを仕掛けている。上手い。一方で父の背中は食器を洗い終えた母が踏んだ。血流が良くなりお酒の回りが早くなったのか、母の体重がかなりしんどかったのか、父の顔はゆでダコのように紅潮していた。

「よし、お前ら一緒に風呂入るか!!久々に風呂入るぞ!!」

完全に仕上がった父は、勢いそのままに服を脱ぎ、風呂場へと千鳥足で歩いて行った。それはまるで鶴の一声のように、無言でG級ナルガクルガの狩猟をしていた兄は一時停止をし、青椒肉絲と格闘していた僕は、今までの格闘がプロレスの魅せ試合だったかのようにピーマンとナスを十字固めで完封した。そう、父と一緒に風呂に入るとお小遣いがもらえることを僕たちは知っているのだ。

「いいよ〜あと3分後に入るわ」

兄はキリが悪かったのか、ナルガクルガの討伐を再開した。

「亮〜、お前は入らないのか??」

「入る入る、ちょっと待って」

僕は着替えを持って兄より先に風呂に入った。

「なんだお前その傷は?サッカーで削られたのか?滲みねえのか?滲みるよな痛そうだなぁ!!」

父はいつになくご機嫌な様子である。父と兄と僕が風呂に入るとお湯が大量に流れ出す。お湯が風呂いっぱいに張られているのを見ると、不思議と充足感を感じるのは僕だけだろうか。

「よし、今から追い焚きをし続けるから、先におならをした人からお小遣いもらえるってのはどうだ?もちろん俺が勝ったらお前らから500円ずつもらうからな!」

機嫌のいい父は、なんたる下品なゲームを持ち出してきた。しかし、毎月のお小遣いシステムのなかった僕の家では、このゲームに勝つことでしかお小遣いがもらえなく、僕と兄はこのゲームに乗るしか選択肢はなかった。

「悪いけど、俺強いよ?」

兄は謎の威勢を張っている。何もカッコよくないぞ、とでも言っておく。父が追い焚きボタンを押し、「追い焚きをします」と試合開始のゴングが風呂場に鳴り響いた。兄は、大乱闘をしている時、モンハンをしている時と変わらない真剣な表情でおならを出そうとしている。お前カッコよくはないぞ、言ってあげたい。そんなことは考えながらも、1位でおならをしないとお小遣いはもらえないので僕にも余裕がない。青椒肉絲を十字固めで捩じ込んだせいで全くお腹の消費が追いついておらず、しばらくはおならが出そうにない。父はどうだろうか。ゆでダコである。酔い潰れた上に母に背中を踏まれ血流が良くなり、さらに追い焚き風呂の追い討ちである。先ほどまで機嫌の良かったゆでダコも流石に疲弊しているようだ。

「お、俺一番乗りいいか〜〜?」

そんなゆでダコからの思いもよらぬ発言に、焦りの汗なのか、暑さの汗なのか、僕と兄の頬を同時に水滴が伝った。もしゆでダコが一番乗りにおならをしてしまったら、僕たちはお小遣いをもらえないどころかゆでダコに500円ずつ払わなければならない。僕は兄の方を見た。兄も僕の方を見た。きっと僕らの脳裏には大乱闘スマッシュブラザーズX、スーパーマリオギャラクシー2の協力プレイが蘇ったのだろう。その刹那、兄は息を勢いよく吸い、僕は兄のお腹を勢いよく押した。ゆでダコは安堵の表情でその時を待っている。

・・・

・・・

・・・

「ぽこっ」




あとがき

文責:アンドリュー・S・マークスタン

一般的に、読者は往々にしてタイトル又はその持つ意味が文中の何処に現れるのか考えてしまう。本作について、冒頭からのありふれた日常感が読者を溶け込ませてしまう。例えば、一見陳腐と思われる下校の場面でも、各々の家庭に入ってしまえば種々の景色と物語が広がっており、読者が意識せずとも本作に魅入ってしまう。ただのノンフィクションなら3流どころか5流も8流も良い所。実に掃いて捨てるほど駄作は世の中に溢れている。しかし、本作は一味違うと感じる。見所は終盤の1シーン、お風呂における父子の攻防である。ここからの文の締めくくり方がなんとも素晴らしい。かかる締めは隠れた名作、太宰治の『正義と微笑』、近代文学随一の奇書と謳われる夢野久作の『ドグラ・マグラ』と通じる所がある。金井亮先生と談話した折に、ふと日常を書き下ろしてはどうか。と言う話になり、お互いに語句を推敲し合って合点のゆく表現に至った。この出来事が本作に影響を及ぼしているのであれば僥倖である。かつて、先生から家族の話を伺ったことが数度あるが、まさか文面のみでこれほど鮮明に家族・親子の実像を伝えてくれるとは思いもしなかった。斯様な作品は稀に見ると信じる。


****************************************


《2月の練習日程》


12日(日) 夜練

17日(金) 夕練

21日(火) 夕練

24日(金) 夕練

27日(月) 夕練


《3月の練習日程》


2日(木) 夜練

5日(日) 夜練

9日(木) 夜練

13日(月) 夜練

17日(金) 夕練

22~25日 はるが

29日(水) 夕練


****************************************


《成人射会》


 1月14日, 15日は成人射会のため20人ほどで京都に行って参りました!その様子を下に載せますね!見た方が早いと思うので。


























 当日は1000人近い新成人が参加し、男子→女子の順に、一人あたり二本の矢を射て、二中した人が決勝に行けるといった流れでした。KQCからは惜しくも入賞する者は出ませんでしたが、記憶に残る良い大会だったと思います。男子は自分たちの番が終わると、何周もして女子の立ちを見に行ってました。観客席はなく、観客用に散歩コースがもうけられており、タイミングを合わせないとKQCの人が弓をひいているところを見られなかったので、ィ一周の時間を計ったりしてガチりました。やっぱり女子の方が花があって素敵でしたね!!


****************************************


《はるが》


 今年のはるがについてですが、振り込みはなるはやで済ませちゃいましょう~がくたんはめちゃ忙しいので変更があったときの連絡は早めにしてあげると、非常に助かると思います!


・3/22~25 @土善旅館 

・25000円 (全参) +交通費片道2500円


 楽しみですね!



閲覧数:141回0件のコメント

最新記事

すべて表示

KQC Times 2023年2月号

こんにちは。Web担早間です。これが私の最後のKQCtimesとなります。ぜひご一読ください! はじめに、この一年間、36期内務を支えてくださり、ありがとうございました。至らない点も多かったとは思いますが、夏合宿を初めサークル運営のため尽力してくださった先輩方、心強い同期、頼れるばなないむぬ2人、熱量のある後輩に支えられ職務を全う(9割方)することができました。本当に感謝しています!ありがとうござ

KQC Times 2022年秋季号

お久しぶりです!ついにKQCのお休み期間も終わり、練習再開できました!コラムの後、11月、12月の練習日程を記載しております。 **************************************** 【トピック】 ・コラム ・11・12月の練習日程 **************************************** 《コラム》 comming soon... *******

KQC Times 2022年夏季号

おつかれさまです!忙しないなつがも終わり、KQCもおやすみの期間に入ったため、みなさま穏やかな日々を過ごしていらっしゃることでしょう。○月号の部分が変わっていることにお気づきかと思いますが、コロナにかかってしまった早間です。お許しくださいませ...(許さないでください)。 さて今回は内務の仲間である村瀬さんにコラムの執筆をお願いしました。なつがに触れたお話もあり、読み終わる頃には懐かしい気持ちでい

bottom of page