top of page
  • 執筆者の写真web担

KQC Times 2023年久々特大号

 お疲れ様です。コラムを2か月前に送ってもらったものの、バタバタして更新が遅れてしまいました。すみません。もうすぐ三田祭ですね。などと書いていたのですが、これをアップする頃には12月でした。秋どころかあっという間に冬ですね。私の家ではアドベントカレンダーを置いて、毎朝家族で全力じゃんけんをして食べる人を決めます。お父さんが1番張り切っていますが、まだ一度も食べていません。今年は私が無双しています。あと2週間、食べまくりたいです。

 

 もうすぐクリスマスですね。今年は丸の内とみなとみらいのイルミネーションを観に行こうかと思っています。みなとみらいにはプロジェクションマッピングや音楽が使われているエリアもあるらしく、東京のよくあるライトアップとは一味違うので楽しみにしています。クリスマスマーケットに行く予定もあるので、おすすめのクリスマスマーケットがあればぜひ教えてください。

 

****************************************


【トピック】

・コラムその1

・コラムその2

・8~11月のイベントについて

・12月の練習日程について

・三田祭出店について

・ミニコラム


****************************************


《コラムその1》

 こんにちは。久々特大号のKQCtimesのコラムを書かせていただきます、2023年度合宿担当の三輪あすかです。ただ今くるとんこと、内務の内田くるみとカラオケに来ています。今日は夕練があるということでその前にカラオケでコラムのトピックを考えるのを手伝ってもらおうと思ったのです。本当はそれを口実に普通にカラオケをしたかったからとかいう不純な動機はもちろん一切ありません^^

 

 くるとんが1曲目を歌っている間にトピックを考えたいと思います。ちなみにくるとんが選んだ1曲目はヨルシカの「靴の花火」です。めちゃくちゃ歌が上手いので(個人的に37期歌うまトップ3に入ると思っています)歌声を聞いてみたい人は一緒にカラオケ行ってみてください!

 

 自分の番になり、とりあえず1曲歌い終わってから取り組も〜…と、考えていたらあっという間に2時間が経過し気づけば夕練の時間になっていました。いえ、本当は1曲目を歌い終わった時点で「あ、無理だ」と確信し、この時間にコラムのことを考えるのはやめようと決意したのです。おかげでコラムを書かなきゃいけないというプレッシャーから解放され思い切りカラオケを楽しむことが出来ました。

 

 そして現在、練習終わりの一風堂とコメダ珈琲を経て電車の中です。そろそろ本当に書き始めないとまずい…とぼんやり思っていると、ふとコラムのトピックを「ストレスの発散方法」にすれば良いのでは??と考えつきました。よくカラオケがストレス発散方法のひとつとして挙げられるからです。コラムの存在を忘れ、くるとんと交互で2時間ぶっ通しで歌い続けたおかげですね!

 

 みなさんはどのようなストレス発散方法をお持ちでしょうか?それこそヒトカラで歌いまくることがストレス発散方法だという人もいるでしょうか。私の場合は野球観戦でストレス発散してるのではないかと一瞬思ったのですが、よくよく考えたら最近は応援してるチームの調子が低迷しており、ストレス発散どころか逆にストレスを溜めているのでは?と冷静になりそして虚しくなりました。では私にとってのストレス発散は何なのか。最寄り駅に着く前に思いつきたい!という気持ちとともにふと浮かんだのは、弓道をする時間でした。私は大学に入ってから弓道を始め、最初は的に当てるどころか弓を引くことすらままなりませんでした。今も全然下手ではありますが、経験者の同期や先輩からいただいたアドバイスをもとに練習し少しずつでも成長していくのが嬉しく、楽しかったです。普段から発散するというほどのたいそうなストレスなんてありませんが、こういった楽しいと思える場所や時間があるのは大切なことなのではないかと思います。弓道だけではなく、同期の友達や先輩、今年からは後輩ともお話するようになったこともサークル行こう!と思える要因の1つです。

 

 というわけで改めてちゃんとサークル行こうと決意して最寄りに到着したわけですが、1つ重要なことを思い出しました。用賀駅から弓道場までがめっっっちゃ遠いということです。これはかなりのストレス要因(?)ですね。いつかこの区間をぶち抜いた地下鉄が開通されることを夢見ています。

 

 

 

《コラムその2》

 

 


 37期総務の竹本です。今回内務からコラムを任されたため書いていきます。テーマは何でもいいとの事なので、私の推しを紹介します。フェス帰りのテンションで書いているため誤字脱字があるかもしれませんが、見逃して下さい。

 

 私の推しはさっきまで滋賀県草津市の烏丸半島でライブをしていたAぇ! groupの小島健くんです。職業はアイドルでFINE BOYSのレギュラーモデルをしています。身長は178cmで外国人に間違われるほどハーフ顔です。(顔が濃くて彫りが深いため)1999年6月25日にこの世に生まれ、現在は24歳です。Aぇ! groupはバンドをやるグループなのですが、その中でもキーボードを担当しています。弾いてる姿は勿論カッコいいですが、演奏中は弾かずに手を叩いて煽ってることも多いです。ちなみに、イナズマロックフェスのリハでは華麗な演奏を軽くした後、尾崎豊のI Love Youを吐息多めで歌い出し私を沸かせました。最近までは平成風の襟足長め茶髪でしたが(ごくせんの赤西くんイメージ)、ドラマの役柄で黒髪短髪にしました。死ぬほどカッコよくて私の写真フォルダには同じ写真のスクショが10枚以上あります。

 

 しかし、今日会ったら短髪はそのままで紫髪になってました。モニターに抜かれた瞬間その事が分かり、死ぬほど嬉しかったです。さあ、ここまで小島くんの外見について長々と話してしまいましたが、彼は内面も魅力的なのです。独自の世界観を持っています。0から1を作り出せる人間です。関西ジュニアのライブのコントやAぇ! groupのライブ中のコントも彼が考えます。更に絵が上手いです。10秒で書いた佐野晶哉(Aぇ! groupの最年少)はめちゃくちゃ似てます。普段は面白いに全振りする小島くんですが、面倒見が良く関ジュの後輩とも仲良しで、関西ジュニア一斉アンケートでは「男気ランキング」と「頼りがいがあるランキング」では堂々の一位に選ばれています。(詳細はぜひAぇ! groupのYouTubeで。「Aぇ 関西ジュニア一斉アンケート」と検索すれば見れます。)

 

 さあ、ここまでで小島健くんの良さは伝わったでしょうか。少しでも気になるなあと思った方はAぇちゅーぶをご覧下さい。本当に面白くて沼です。私はAぇ! groupに出会えた事が運の尽きだと思っています。Aぇ! groupにしかもう満足できません。歌もダンスもお笑いも、アイドルとして出来ることは全てやるというスタンスの彼らはとても強いです。国民的なアイドルになる事間違いなしです。性別年齢問わず、ファンがたっっっっっっっっくさんいます。是非、この機会にAぇ! groupをよろしくお願いいたします。

 

 最後に、ここまで弓道について何も書いてないので申し訳程度に私がKQCに入会した理由をお話しします。対面新歓の日に袴を着ている人を駅で見かけ、かっこいい!私も着たい!と思った事がきっかけです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

 


****************************************



《8月~11月のイベント》

8/6  前期総会

8/18  定例射会

9/4      連合射会

9/11  納涼船

9/14∼18 夏合宿

11/5  ハロウィンコンパ

11/23∼26 三田祭出店


《12月の練習日程》

12/2  夜練

12/3  夜練(遠的練)

12/9  夜練

12/10 夜練(遠的練)

12/16 夕練

12/17 夜練

12/28 朝練 

 

****************************************

 


《三田祭出店について》

 赤字になったらどうしようと思って挑んだ三田祭出店ですが、思った以上に売れて良かったです。シフトに入っていない時間でも手伝いに来てくれる人や、客としてスモアを買って売上に貢献してくれる人もたくさんいてかなり大盛況でした。

 

 三田祭三役の他二人、消防担当や環境担当の人はもちろん、他の人も買い出しや準備に協力的で、KQC最高だなあと改めて感じました。裏で容器にお絵かきをしながら後輩とも話せて、仲を深められたので内田は満足しています。特に大きなハプニングもなく大成功の三田祭出店、楽しかったですね。来年もやるのかは未定ですし、38期次第なところもありますが、もしやるならめっちゃ買いに行きます。まかせまり。

 

 36期の先輩も慶弓スモアを食べに来てくださり、ありがとうございました!久しぶりにお会いできた先輩方もいて、内田はとてもうれしかったです。最近は練習参加者のほとんどが38期になってきて、先輩同輩が少なくてさみしく感じているので、36期の先輩方もお時間のある時に遠慮なく来てください♡ (37期もだよ!!!みんな来て!!)

 

****************************************


《せまりの日常》

 今回もやってまいりました。せまりくるとんのミニコラムです。

 

 冒頭で私のお父さんが登場しましたが、もっと変なエピソードがあるのでここでご紹介します。友達には結構言っているので、もう知っているよその話と思う方もいるかもしれませんが笑

 

 私の父は慶應第一志望で2浪した末全然違う大学に行きました。慶應を合計13回くらい受けた(そして落ちた)らしいです。私が慶應に受かった時は、私より父が喜び、父の次に祖母(父のお母さん)が喜んでいました。合格を知らせた瞬間に会社のオフィスで父が叫んだときはもはや怖かったです。何故か早稲田の校歌を歌いながら慶應合格を喜んでいました。

 

 6月にある父の誕生日には生協で買った慶應グッズをプレゼントしています。去年は慶應の長いタオルをあげたところ、「ユニフォーム!」といいながら毎日首にかけて過ごしています。タオルとして使っているところを見たことがありません。

 

 今年は若き血Tシャツをプレゼントしました。「これが正装!」と言ってしっかり毎日着ています。入学していないのはもちろん、補欠まで行って不合格だった父に「生徒じゃないよ、ベンチだよ」と返すのが日常になっています。来年と再来年の誕生日に何をあげようか、生協に行くたびに考えています。

 

 最近は寒くなってきて冬服が欲しいのではないかということで、今年もありがとうの気持ちをこめて慶應スウェットでもプレゼントしようかと思います。大晦日に騒ぐ父を見るのも楽しみです。


*****************************************


《写真掲載について(再掲)》

 KQCのTwitter・Instagramの新歓アカウントやFacebook、ホームページでは、普段の活動やイベントでの雰囲気を知っていただくために写真を掲載しております。

ご自身の写真が掲載されることに抵抗のあるという方や、既に掲載されている写真の

なかで削除を希望するものがあるという方は、内田まで直接、または以下のメールアドレスにご連絡ください。よろしくお願いいたします。




メール:kqc2008@gmail.com



(内務:内田くるみ)

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page