• web担

KQC Times 2020年8月号

 皆さんこんにちは!夏休みに突入してみなさんいかがお過ごしでしょうか。ご時世もご時世ですので、なかなか思うように旅行やお出かけができないところが残念です。この状況下をポジティブにとらえて、家で何か熱中できることを探す良い機会になるかと思います。自分なりの楽しみを見つけられるといいですね!


 KQCの練習につきましては、8月21日の練習より再開することができました。練習再開の手続きに尽力してくださった方々には、この場をお借りして感謝申し上げます。なお、最低限の人数で行うため、1年生(35期)と指導のための2年生(34期)以外の方の練習参加は当面の間見合わせることとなっておりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。1年生初心者の方もようやく道場での練習に移行することができて、弓道をご自身の身で実際に体感できることと思います。並びに同期とはオンラインではなく実際に会うことができて、交友関係も広がることと思います。やはりオンラインではなく、実際に会うのが一番良いですよね!私自身も久しぶりの練習再開で、同期や1年生とたくさん話すことができて楽しかったです!今後も問題なく練習運営ができるよう、並びに3年生以上の練習参加も満足にできるよう、いち早く新型感染症が収束することを願っております。

 本号では「鉄道雑学#2」ということで、3月に高輪ゲートウェイを取り上げて以来、久しぶりに執筆させていただきます。(興味のない方は飛ばしていただいて結構です。)

◆コロナで鉄道会社の経営が危機的状況に!

 コロナで人の移動が以前より大幅に減少したのは言うまでもありません。テレワークやオンライン授業の実施などの影響で多くの人が電車を利用しなくなったのが鉄道会社にとっては痛手なのです。JR東日本・JR東海・JR西日本の2020年度4~6月期決算では、いずれも純損失が四半期として公表開始後で過去最大になっています。JR東海に関しては初めての純損失を計上しました。JR東海は、東海道新幹線で持っていると言っても過言ではなく、コロナで東京~大阪間の移動が大幅に減少したのが結果に出ています。

◆地方鉄道はさらに大打撃!

 あのドル箱路線の山手線を持っているJR東日本でさえ赤字なのですから、地方鉄道はさらに大打撃を食らっていることは間違いありません。地方鉄道やローカル線の中には定期券の収入が大半を占め、定期外の収入がほとんどないという鉄道会社もあるため、テレワークやオンライン授業が推進されている昨今では定期収入がほとんどなく、収入がまったく無い鉄道会社もあると思います。

 私は鉄道会社なら、どこでもドアみたいなものが開発されない限り今後廃れていくことのない安定な職であると思っていましたが、まさかウイルスによってこのような形で鉄道事業が廃れる可能性があるとは思いもしませんでした。

◆銚子電鉄を応援しよう!!


(画像引用元:まずい棒HP)

 さて、銚子電鉄という名はみなさん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。コロナ以前から赤字経営を余儀なくされており、昨今では観光客が激減したために非常に経営が厳しい状況となっております。収入の大半がぬれ煎餅などの食品事業であり、そちらが本業ではないかと思ってしまうほどです。

 銚子電鉄では廃線を防ぐため、ありとあらゆる方法で経営を続けています。経営状態が「まずい」ことにちなんだ「まずい棒」というお菓子を売ったり(味はめちゃくちゃおいしいです笑)、経営状態が「サバイバル」であることにちなんだ「鯖威張る弁当」という鯖の弁当を売ったりしています。最近では、売るものが無くなったので「電車の音」を売ったり、「線路の石」までをも販売しています。さらには、カメラを止めるな!ならぬ「電車を止めるな!」という超C(銚子)級映画を製作し、8月下旬より実際に映画館で公開予定です。公式YouTubeチャンネルではボロボロの本社を社長自らが紹介したりと、自虐ネタを前面に押し出してなんとか経営を続けています。

 オンラインでぬれ煎餅やまずい棒などを買えますので、みなさんもぜひ銚子電鉄を応援してください!

◎銚子電鉄公式ホームページ

https://www.choshi-dentetsu.jp/

◎まずい棒公式ホームページ

https://choden-mazuibou.com/

◎超C(銚子)級映画「電車を止めるな!」公式ホームページ

https://dentome.net/

(画像引用元:電車を止めるな!公式HP)

◆鉄道は移動手段ではなくなりつつある

 コロナ禍で鉄道の利用が減少している中、鉄道の観光資源化が注目されています。どういうことかというと、「移動するために」乗車するのではなく、「乗車するために」乗車するということです。つまり、鉄道に乗ること自体が目的となっているところに違いがあります。首都圏の鉄道会社ではあまり見ませんが、地方の鉄道会社は観光列車を多く走らせています。その中でも私が乗ってみたい観光列車をご紹介しましょう。

・JR東日本/現美新幹線(新幹線)

・JR東日本/Train Suite 四季島(寝台列車)

・JR東日本/SLぐんま みなかみ・SLぐんま よこかわ(蒸気機関車)