• web担

KQC Times 2020年1月号

 皆さんこんにちは。私の担当としては最後の更新なのにしれっと遅刻してしまいました。 ただいま春合宿二日目の夜です。隣で宴会をしている人々がとても楽しそうです。もう…、今月はコラムも書いたし、前文は手を抜いても許されるのではないでしょうか…?嘘です。


 一月には成人射会がありました。たった一手引くためだけにわざわざ京都くんだりまで上洛しなきゃいけないんですよ?やばいイベントですね…。女子が着物姿なのに男子は普通の袴で、もはや男子は参加しなくていいんじゃね?って感じでした。そして、会場にいたカメラ持ったおじさん達が隙を見ては勝手に写真を撮ろうとしてきて、もはやプロ意識ってこういうのを言うのだなぁとか思ったり思わなかったり…。そんなプロ意識は持ちたくないものですね。そしてなにより、成人射会の担当者は頭がいかれてたので一生関わりたくないし、あんな大人にはならないようにみなさんはKQCtimesを読んで教養を深めましょうね。以上、やる気のないウェブ担の代わりに書いてあげたのに引っかかれた外務が代筆させていただきました。


 なんと寝落ちから目が覚めたら前文ができていてとてもラッキーです。やる気がないわけではないので訂正させてください。仕事をしてくれた外務からの評価はひどいですが、実際には成人射会は本当に楽しかったです。遠的の通し矢自体も楽しいし、着物と袴で溢れて色とりどりの三十三間堂の特別な雰囲気も良かったです。私などはテンションが上がってお守りもおみくじも買いました。これから参加される皆さんはぜひ楽しみにしていてください。


 また今回の春合宿に参加される皆さん、34期の運営を温かく見守りつつ、弓道もコンパもたくさん楽しみましょう。


 さて、今回のKQC Timesは内務の特集です。真面目で優しい道場予約石井さんと、真面目で優しい母艦沖元さんと、私Web担当細田の三人でコラムを書きました。長くなりましたがよろしければ最後までお読みください。

 

 一年間私の前文にお付き合いいただきありがとうございました!それでは33期ラスト、

1月号のスタートです。


****************************************


【トピック】


・2月の予定

・コラム1:石井より

・コラム2:沖元より

・コラム3:細田より

・地連登録のお知らせ

・特別学生臨時中央審査会のお知らせ

・地区審査のお知らせ

・2020年度前期会費の徴収について

・追いコンのお知らせ

・園遊会のお知らせ

・連合射会のお知らせ

・写真掲載に関して


****************************************


《2月の予定》


2日(日) 夕練

6日(木)-11日(火) 春合宿

15日(土) 夜練

23日(日) 夜練


****************************************


《コラム1:石井より》

 こんにちは 33 期のマドンナ石井です。多分内務でした。とうとう回ってき たKQCtimes...。なんかみんな面白過ぎて怖いですね。皆さん出身高校は吉本興業高校か なんかですか。とか考えてたら全然進まなかったのでタイムス遅くなりました。全責任は石井に あるので今度会ったらジュース奢れよっていってください。慣れた動作で奢らせていた だきます。本当に申し訳ありません。

 ......ネタがないし…今書きながらこの前の AAA 活動休止についての報道が頭から離れま せんね……本当に「推しは推せる時に推せ」なんだなって。今までのコラ ムに各々の推し語ってたじゃないですか…別れって本当に突然なんですよ……そもそも初期は AAA8人いたんですよ。本当に…いつ…突然の別れがやってくるかなんて分 からないので…。本当に……。だってまさか「我 AAA ぞ」 って平手打ちするなんて思わないじゃないですか。Nissy は絶対にこんなことないと思ってはいるけど…でも…ほら明日なん て分からないじゃん。好きだよと伝えればいいんです、恋音と雨空に願いかければいいんですよ…。もうマヂ無理ィ...。

 以上メンタルブレブレの石井からの前文(駄文パート1)でした。あ、来年の大河の主演は私の嫁の吉沢亮 なので是非見てください。渋沢栄一です。みんなの 1 万円が非公式のファングッズになり ます。たくさん収集しましょう。私もたくさん収集するつもりです。死ぬ気で集めます。

 えー、どうしよう。おすすめの映画書き連ねますね。(石井的)イケメンでてるやつ。紹介 文って言うかはネタバレしないただの石井の書きなぐり感想です。内容の紹介も要約もありません。二次元?三次元?いや、 関係ない。イケメンに次元など存在しない。

 まずは私の嫁、吉沢亮が出演する「リバーズエッジ」。何がすごいって河原に放置される 死体をみて「これをみると勇気が出るんだ」っていってるんです。吉沢亮が。狂ってますよ ね最高過ぎます。ゲイなことを隠して売春する山田(吉沢亮)。もうこれもパワーワード過ぎ ません??暴力の衝動にあふれた人(河面…?)、過食症、友人なのに体の関係を続ける人...もう 人間のどろどろなところが吉沢亮含めた周りの人間の間でぐっちゃぐちゃになってます (は)。高校生って、人間って、生きるってなんなのか...顔面国宝の吉沢亮を眺めつつ、片手 に彼の好きな芋焼酎もって見ると最高。あ、ビールも彼好きですよ。

 次は「GATTACA」です。少し前の NASA による近い将来実際に起こりそう な?実現可能な?SF 映画ランキングで1位取ってました。出生前診断で優劣が決められて、 疾患のあ