• web担

KQC Times 2019年3月号

最終更新: 2019年5月26日

 皆さんこんにちは!春休みが来てあっという間に3月になってしまいましたね。あと1か月もしないうちに授業が始まってしまうことが憂鬱です。文学部はみなさんご存知の通り2年から専攻に分かれるのですが、私の専攻は25人しかいない心理学なので知っている人もいなそうで戦々恐々としています。友達出来なかったらどうしよう…

 という暗い話は置いておいて、先日の追いコン、園遊会は主宰してくださった皆さんお疲れさまでした。追いコンは都合があって行けなかったのですが、園遊会では4年生さんとお話ができてうれしかったです。4年生さんがご卒業してしまうのが悲しいです。園遊会でお会いするのが最後なんて言わず、こちらもまだまだ4年生さんと弓をひきたい気持ちでいっぱいですので、3月の残りの練習にもぜひ弓をひきに来てください。もちろん4月からの練習や合宿に顔を出していただくのも一同待っていますので気兼ねせず、都合がついたら是非いらしてください。

 そしてそして、今回のコラムは財務外務のお二人に担当していただきました。

縦持ちでスマホをいじっているのに画面を見たら横画面のゲームをしてる布施さんと

三浦君と仲が良すぎてもはやKQC公認カップル()な小野君です!

 忙しい時期なのに超長いコラムを書いてくれてありがとう!もしかしたら歴代最長なKQCtimesを読んで3月も頑張りましょう!!!



 ・・・皆さんこんにちは、細田です。


 ここまでの前文、実は今回コラムを書いてくれた布施さんの文章でした。自分で締め切りを設定しておきながら、前文が書けてない~と呻いていたら、彼女から前文付きでコラムの原稿が送られてきました。私のイベントの参加状況を踏まえてくれているあたりが丁寧で、情報通の彼女らしいです。言いたいことをほとんど言ってくれていますし、「友達出来なかったらどうしよう…」の部分はあまりにも "リアル" ですね。(追記しておくと33期には心理学専攻がもう一人います!よかった~…)


 さて、30期の皆さんご卒業おめでとうございます……!!

 私たち33期にとって、現役として一番上の先輩方で、仲が良くいつも楽しげで、少し遠くてかっこいい存在でした。お忙しくなることとは思いますが、気が向いた時にはいつでもKQCにいらしてください。心よりお待ちしています…!寂しくはなりますが、皆さんの益々のご活躍をお祈りしております。


 ゴーストライターの存在により繰り返しになりますが、今回のKQC Timesは財務&外務特集です。どちらもとても長い…、熱いコラムを書いてくれました。おかげで全体として約12000字の記事が完成いたしました……!二人とも忙しい中ありがとうございました。

 面白そうだしいいかな、と見守っていたら大変なことになってしまいました。ぜひ二人の力作コラムをお読みください。また布施さんは33期の他己紹介もしてくれていますので、そちらもどうぞお読みください。(彼女の主観による紹介です。異論反論は布施まで)


 それでは3月号のスタートです。


****************************************


【トピック】


・3月の予定

・コラム1:布施より

・コラム2:小野より

・会員用ページID/パスワード変更のお知らせ

・写真掲載に関して


****************************************


《3月の予定》


2日(土) 追いコン

4日(月) 夕練

6日(水) 昼練

8日(金)-9日(土) 園遊会

11日(月) 夕練

15日(金) 昼練

17日(日) 夜練

24日(日) 夜練

25日(月) 夕練

29日(金) 弓整理(昼)、夕練


****************************************


《コラム1:布施より》

 みなさんこんにちは。財務の布施です。

今回おり子に依頼されたのでサクッとコラムを書いてみようと思います。

 といっても、書く内容を決めてないし、もしかしたら34期さんが入会後に私の記事を読むかもしれないので多すぎていったい何人いるのか把握するのが大変な33期の紹介と、ほぼ皆さんが話している好きな物(趣味)について話していきたいと思います。


~こんなにいるよ3月現在の33期~

石井里奈〈内務〉…文学部中国語。一日に何個も予定を入れている超アクティブ人間で底なしの体力感がすごい女。テニスした後に弓道するのはすごい(語彙力)

稲垣あすか〈指導〉…法学部ドイツ語。メンタル弱めで基本ミンティアの辛いやつ食べて心を落ち着かせている。この子が怒ったのを見たことがないほどの慈愛と謙虚さ。

上村太郎…法学部。レアキャラ。会うたびにめっちゃ久々に見たわって言ってる気がする。

大川みつき…文学部。最近入サーしてきた子。石井の友達とは思えないほどのおしとやかさ。

大田晃滋…経済学部中国語ロシア語。歩くのと電車が好きな冬でもヒートテックを着ない男。たまりに行くと高確率でいる。

沖元菜穂〈内務〉…法学部スペ語。帰国子女だから英語がうまい。一女の中の(四月からは二女だけど)姉キャラ。

小倉輝洋…文学部中国語。筋肉が好きなのに頭いいオーラがする。中国語等の他言語が好き。

小野彰太〈外務〉…法学部フランス語。弓道愛がすごい男。北海道出身だからか冬でもそこまで厚着をしない。たまりに結構いる。

河合さくら…薬学部スペ語。外見めっちゃおしとやかだけどやるときはやる女。KQC33期の中で誕生日的に一番末っ子だけど一人っ子だからか一女の中では姉キャラ。猫が好き。

柏菅美咲…法学部。レアキャラ。おしとやかレベルが高い。

川面嶺至〈がく担〉…経済学部。お酒に詳しいしコミュ力が高い。たまりにそこそこいる。

葛原正義〈総務〉…法学部。お酒が好き。サークル以外で見かけるときいつもスーツを着ているので布施の中で彼の私服はスーツなのでは疑惑がある。

黒岩正太郎〈祭り〉…法学部フランス語。ほとんどの授業に出ていない薄着の男。調理への並々ならぬ愛ゆえに一人暮らしとは思えないレベルの調理器具が家にある。たまりによくいる。

桑原実那〈がく担〉…文学部。一女の良心。私は心の中でママ扱いをしている。飴と鞭がうまそう。最近うさまるにはまっている。

小島瑠斗…理工学部。家が綱島にある恵まれた男。すごいやさしい。

小平雅…文学部ドイツ語。テニサーにも入っているからもしかしたら石井レベルの体力の持ち主かもしれない。

酒井郁…理工学部。4つのサークルに入っている説のある数学がすごい男。

佐々木謙〈指導〉…理工学部中国語。志木高。おそらく34期は慈愛あふれる稲垣との差にびっくりするだろう。だけど普通にオタクだし話しやすい。

佐藤幹也〈臨担〉…商学部スぺ語。志木高。商学部だけど真面目。スポーツカーが好き。志木高だけど佐々木と見事に属性がかぶってない。めっちゃいい人感がするし実際そう。

柴田悠里…文学部ドイツ語。ガチャ運のなさに定評がある。話してみると意外とボキャ貧で面白い人です!布施的末っ子同盟の一人。

髙山貴一〈連合〉…文学部。レアキャラだけど最近よく見る。とてもやさしい。

田中葵〈連合〉…理工学部ドイツ語。理工で写真を撮るとマフィアのお嬢感がすごい。おそらく33期で一番誕生日が早いけど布施的末っ子同盟の一人。

チェンペイホウ…SFC。台湾からの留学生。ピアスマニアで歌がうまい。

永井詩衣菜…商学部中国語。最近入サーした福岡出身。学部も二外も布施と一緒なのですごいうれしい。弟がいるから布施は姉キャラ枠にいれている。

中森あす菜…文学部スぺ語。行動からして末っ子に見えるけど実は姉。それを知ったうえで彼女を見ると確かに姉っぽいかもしれない。

西岡詩織〈総務〉…文学部スぺ語。最近まで口癖が「いいと思う!」だったのに一女がネタにしたら言わなくなってしまった。みんな詩織ちゃんからの肯定を欲しがっています。

福地一真…理工学部ドイツ語。弓道がうまい。多忙を極める某演劇サークルと兼サーをしている体力がありそうな人。

布施絢乃〈財務〉…商学部中国語。私。頭の中で超理論を繰り広げている。たまりにそこそこいる。

細田詩織〈内務〉…文学部中国語。あだなはおりこ。まじめでやさしい。稲垣と同レベルの謙虚さ。お姉ちゃん感が半端ないけどたまにスキがある。だから石井に絡まれる。

堀はるか…経済学部。レアキャラ。私は最近まで彼女を文学部だと思っていた。キラキラ感がすごい。ゴルフをやっているらしい。

本塩竜哉〈ひよ代〉…法学部スぺ語。やさしすぎて布施的詐欺に引っ掛かりそうランキング一位。結構たまりにいる。

牧岡美奈…文学部。図書情なのすごいわかる。司書さんにいそう。意外とズバッという。

三浦和也…法学部中国語。33期でしょっちゅうネタ扱いされるけどあんまり怒らない。小野君と非常に仲がいい。たまりにそこそこいる。

宮田翔責…学部がわからない。ちょっと前に入ってきた留学生。語弊のある言い方をすると本塩と一緒の家に住んでいる。(寮が一緒ということ)

以上34人(新しくまた1人はいるかも)が33期です!

紹介の8割は主観ですが少しでも33期と話すときの道標となってくだされば幸いです^^


 と、いうことで次は私の好きなものについてお話させていただきます。特に好きなものないなって思ったのですが、よくよく考えるとスイーツとゲームが好きです。

 まずはスイーツについてちょっとお話させていただきますね。スイーツが好きとは言いましたが私が好きなスイーツはスーパー等で売ってない少し高めのほうです。お菓子じゃなくてスイーツと言っているのはそういうことです。お菓子も勿論好きですけどやっぱりスイーツの方が好きです。和菓子も洋菓子も両方美味しく食べられます。スイーツの良いところと言ったら見た目も味も美味しいところです。デパートの地下等でどれを買おうか悩みながら回る時間やカフェに行ってメニューを見ながらどれを頼もうか吟味する時間。そしてフォークなどを手にスイーツを食べるあの時間。お金は勿論かかるけれどその分スーパー等に売っているものよりレベルの高い美味しさ。最高ですよね。スイーツの中でも好きなのはスフレパンケーキです。勿論絵本に出てくるような茶色い綺麗な焼き目のついたホットケーキみたいなやつも好きですけどやっぱりあのスフレパンケーキにあるふわふわ感は1度食べたら後5000回くらい食べたくなるレベルで控えめに言っても至高の逸品というやつです。これを読んでいる皆さんの中にはパンケーキを朝食や昼食、夕食の代わりとして食べることに抵抗感が有る方がいると思います。私は何も問題ありません。朝昼おやつ晩。いつでも食べられる、それが私にとってのパンケーキです。最近のパンケーキは凝っていて卵やトッピングにもこだわっているお店が多いです。その分お金も取られるということは置いておいて、見た目も味も両方楽しめるんですよ!しかも最近パンケーキ屋さんも戦略練りだしてきて季節限定パンケーキとか出してくるんですよ。卑怯ですね。ついでに言うとパンケーキの次に好きなスイーツはフルーツです。最近は胃がもたれやすくなっていて油っぽいものとかクリームみたいに重いものが中高生の時よりあんまり食べられなくなっているから気楽に買える甘いものとしてフルーツをよく買ってしまいます。一番好きなのはりんごで次点は桃です。ドラゴンフルーツ以外は大体好きです。一時期料理が面倒でリンゴばっか食べていたら兄にポケモン不思議のダンジョンと言われたこともありました。食べすぎには気を付けてください。今思ったのですがフルーツってスイーツじゃないですね。スイーツっていう枠で考えるとフルーツケーキとかフルーツパフェが好きです。遊びに行くときに、何か食べたいものある?って聞かれたら9割くらいの確率でパンケーキかパフェとしか言わないので気を付けてください。

 2つ目はゲームです。中学生中盤~高校以降は専らスマートフォン向けゲームしかしていませんし苦手なタイプのものもありますがそこそこゲームが好きです。と、言ってもゲームを頭使ってプレイすることが嫌いだったのでレベル上げて物理で殴るゲームばっかりしてきました。魔法の聖水とかの貴重品を出し惜しみする性格もあって、ドラクエとかも基本はやぶさぎりばっかしていました。

 スマホを買ってもらってからずっと手軽に楽しめるアプリゲームに夢中です。アプリゲームは頭を使わないやつ多いですからね。ポチポチしていればいいかんじに進むんですよ。パズル系のゲームも最初はやっていたのですが、ステージが難しくなると全然すすまなくてイライラしてしまうことも多いし色々考えないといけないのが私には合わなかったです。リズムゲームも昔は結構やっていたし今も消してはないのですが、曲の難易度が極端に上がって目の渇きと動体視力が限界だったり、機種変更をしたらスマホが大きすぎて端に流れるノーツまで指が届かない事件がしょっちゅうあるのでほぼ引退しました。ですがその他の種のゲームはまだまだやっています。おすすめがあったら是非教えてください。

 で、ダラダラとした話は終わりにして真面目に真面目なお知らせです!

財務では現在会費を集めています。5月5日の子供の日、別の捉え方で言うならば新歓合宿の翌日までに前期会費3000円をお支払いください。春合宿後全く練習に参加していなかったため、会費を払おうと思われた方にご迷惑おかけいたしました。3月24日の練習より会費の徴収を再開いたしますので、直接お支払いしていただける方はその日以降にお願いします。銀行振込でのお支払いも受け付けているので、練習に参加するのが難しい場合は下記振込先に振り込みをお願い致します。


【振込先】

みずほ銀行日吉支店(店番号 556)

普通

口座番号:1902016

「慶應弓道同好会」

なお、銀行振込にてお支払いされる方は、振り込み後に必ず財務まで連絡お願い致します。

質問等ございましたら、下記のアドレスまたは私のLINEまでご連絡ください。

財務

kqc.zaimu2019@gmail.com


****************************************


《コラム2:小野より》

 皆さんこんにちは、33期外務の小野です。こういう時のあいさつって、「おはようございます」と「こんにちは」と「こんばんは」だと、どれが一番読む人の感覚と合う確率高いんですかね、ちょっと気になりました。はい、てことでコラム書かせていただくのですが、何書けばいいのか見当つかないですし、とりあえずはじめに、せっかく「外務の」とつけたのでその辺の話からしたいと思います。


 先日の地連登録および審査の件では、皆さんのご協力もありつつがなく申請が終わりました、ありがとうございました(と言いつつ実はしっかり書類を送れてるのかわかりません、相手方が何も言ってくれないので。送れてなかったら大変ですね)。まだ役職就いてから2か月ほどなのですが、ふと思ったのは「外務の認知度低すぎるのでは問題」です。正確に言うと外務の担当する審査についての認知度なのですが。ぜひ興味のある方はまず全体lineで「外務」と検索してこの前流した長文に目を通していただけると嬉しいです。確かに長すぎて読む気なくなるのはわかります、実際自分も去年読み飛ばして審査受け損ねて悲しい思いをしている最中なので。というかこの地連と審査の案内て6月末から7月初めに来た気がするのですが、その頃って初心者はまだ素引きやってたかどうかくらいなんですよね。その状態で数か月後に審査会場の的前で弓引いてる姿想像できる人ってすごいなぁと思います。僕には無理でした(言い訳)。んで、案内の話に戻るのですが、今後受審しようと思った時には目を通してほしいです。疑問に思うことの答えはほぼ網羅してると思います。認知度の低さ故なのか、質問が多かったです。歴々の先輩方と違って、僕は処理能力がかなり低いので質問多すぎると処理落ちしますのでその辺ご協力お願いします。というか書きながら思ったのですが、きっとコラム欄を読んでくださるような方は確実に全体lineくらい目を通していらっしゃるでしょうし、逆に全体lineを読んでいらっしゃらない方が近年長文化の傾向がある(統計取ってないので適当なこと言ってます)コラム欄を読んでいるというほうが少なそうなので結局ここでお願いしてもあまり効果なさそうですね。次回の案内までに対応策考えます。ちなみに地連登録の際に必要だと言っている氏名とかIDとかって全員分外務の手入力なの知ってました?そして実は毎年登録してくれると負担が減るんですよ。隔年だとその都度入力しないといけないんですよね~。まあ、それだけです、特にメッセージ性はないですよ?ついでに、次回の地連登録と審査は例年通り7月末と12月初めの予定ですので、期末試験前で忘れそうといった方は今から連絡してくれても大丈夫です。早くて困ることといえば僕が忘れてしまうかもしれないくらいなものでメリットしかないと思いますので是非お待ちしてます。あと、もう1つの外務の仕事は1月にある成人射会全般の担当です。三十三間堂の通し矢って有名らしいですね、僕は知らなかったです。そしてまあ当然ですが、僕が担当するのは来年の分なので何も書けることないです。じゃあなんで書いたのかといいますと、来るべき34期の皆さんの誰かが「外務って何してんの?」って思ったときになんか少しでも情報の足しになるかなぁと思ったので、ってだけです。その情報がなにもないあたり、何の足しにもならなそうですね。34期といえば、あと1か月後には新1年生が入学されるのですね、おめでとうございます。願わくば多くの新入生が弓道に興味を持っていただけるよう33期一同全身全霊で新歓を運営していく所存です(自戒)。個人的な話で恐縮ですが、ご存知の通り(?)僕は人と話すのが致命的に苦手なのでもう今から戦々恐々の限りです。割と聞く人聞く人に言われるんですが、どうやら僕は「近づくなオーラ」を出してるようなんですよ。自覚症状は9割ないんですがもしそうなら僕が新歓期間にいると迷惑なのでやっぱりいないほうがいいのでは(そういうわけにはいかないので善処します)。今年の代は天下のNHK様が「ツルネ-風舞高校弓道部-」を放送していて、視聴なさってる可能性があるはずなのできっとたくさん来るに違いありません(受験勉強が忙しくてそんな暇なんかなかったですよね、すみません)。どうでもいいんですけど著作権とかって大丈夫なんですかね、サークルのコラムなら許されますかね。名前出すだけで騒ぐのなんてネズミの遊園地くらいですよね。まあダメだったらその辺はweb担の仕事なので投げます。んで、もしその34期がこのコラムを読んでくださってたらぜひ審査を受けてほしいです。さっき書いたのですがその頃はまだ初心者は弓を引くイメージがうまくわかないと思いますが、そのあたりは指導の2人(を中心に33期)が全力で審査までに引けるようにしてみせるはずなので安心して申し込んでください。じゃあそもそも審査受けたら何があるのって言われるとですね、まず、日ごろの練習の成果を試す場所になります。…知ってます、そんなこと聞きたいわけじゃないのは。具体的な効果で言うとですね、初段を持ってると各地の弓道場の個人利用ができたり(そんなに弓を引きたいと思うかは個人次第ですが、僕は現在進行形で猛烈に後悔してます…)、あとは先ほど話に出た成人射会の参加条件だったりします。「でも2年生の1月なら、いくらでも取る機会あるじゃん」と思ったそこのあなた、危険ですよ。実はKQC として案内するのは2回しかありません。意外と少ないんですよね、気を付けましょう。弐段以上については、気になる方は調べてみてください(あんまり詳しくないので)。弓道には段位が初段から十段まであるそうです。奥の深い世界ですね。まあ、弓道に関する話なんて始めて1年たってない僕なんかより、きっとこれからコラムを書くことになる経験者のほうがよほど詳しいはずなのでこうご期待てことで。


 以上、外務あたりの話だったのですが、全然字数足らないので皆さん書いてた趣味の話でもしようと思います。といっても基本おうちの中にこもってダラダラしてるだけの、人間と呼ぶには疑問符が付くレベルの生命体にこれといった趣味はないのですが。大学に入ってからは圧倒的に弓道にはまってます。秋学期なんか週末の3時間の練習のことばっかり考えて平日5日間の授業なんてなんも聞いてなかったですね。てかそもそも全然出てなかったですね。起きたら1限終わってたこととかしょっちゅうでしたし、おかげさまで怖すぎて成績表見れなかったです。特にフランス語なんてやばかったです。期末試験の問題文が読めなくて、解答欄に適当に記号書くくらいしかできなかったですから。試験会場の中でたぶん僕だけ違う試験やってましたね。若干関係ない話ですが、人ってランダムに数列を作ろうとすると連続して同じ数字を並べることを避けがちですが、真にランダムに並べると(例えば機械とかに並べさせると)一定数は連続した数字は出てくるはずなんだ、みたいな話を心理学の授業でやってました、人の勘てあてにならないですね。まあほとんど聞いてなかったので本当にこんな話だったか怪しいですが。話戻すと、フランス語に限らず、語学て一夜漬けじゃ無理ですね。「語学は筋トレと同じ」て言葉をもっとリスペクトしとけばよかったと思いました、皆さん気を付けましょう(自戒)。んで、その結果(誰に言っても信じてもらえませんでしたが)本気で単位落としたと思ったのですが、なぜかわかりませんが単位きてました。知ってましたがフランス語の先生は本当にいい人です、ありがとうございました。ともかく、こんな感じでだいぶ日常生活に支障きたすレベルで弓道に夢中になってるので、これならきっと趣味と呼んで差し支えないですよね?


 ……ほかでいうと、最近は「Roselia」がマイブームですね。知らない人もいると思うので説明します、と言いたいのですがうまく説明できなかったのでWikipediaを引用します。


Roselia(ロゼリア)は、メディアミックス作品「BanG Dream!」に登場する架空の5人組ガールズバンド、およびそのキャラクターの声を担当する声優たちによる実在するバンド形式の5人組女性声優ユニットの名称である。


 とまあこんな感じなのですが、そのライブ(正確には映画館での中継を見るライブビューイングなのですが)に先日行ってきました。ちょうど新年射会があった日の夜ですね。綾瀬からみなとみらいは遠かったです、間に合わないかと思いました。もちろん、とても楽しい時間でした。その中で頭の片隅で考えてたのは、当たり前ですが声優(いわゆる中の人ってやつですね)なので楽器を弾くことは専門ではないはずです。関係者じゃないんで詳しい経緯なんて知らないですけど、はじめて「ライブやってくれ」って言われた時ってどんな気持ちだったんでしょうね、想像もつかないです。それでも「いえ無理です」で終わらせないで練習を重ねて今ステージに立ってるのかと思うと、ただただ尊敬の念を抱き、感動しました。Roseliaの曲の雰囲気が好きなのはもちろんあるのですが、挑戦し続ける姿勢へのあこがれもはまってる理由ですかね。ただ、その挑戦は決して順風満帆とは言えるものじゃなかったんです。活動が始まったのが今から2,3年前なのですが、現在のメンバーのうち、すでに2人が初期のメンバーじゃないんです。声優活動をつづけながらバンドの練習もするというのは相当な負担なのでしょう。これだけが理由ではないかもしれませんが、去年、今井リサ(ベース担当)役の遠藤ゆりかさんが中島由貴さんと、白金燐子(キーボード担当)役の明坂聡美さんが志崎樺音さんと相次いで交代してます。理由が引退と突発性難聴による活動継続困難ですから、キャストにかかっている負担が大きすぎるのではとか言われてたりしてて、ほんとにその通りだと思うのでその辺を考えて今後活動してほしいと思ったりする反面、たくさんライブに行きたいと思ってしまう心理があるのも事実でなんとも複雑な気持ちですね。しかし、それでも新たなメンバーと残された者がその意志を継いで前を向いて活動を続ける姿にまた感動してしまいます。日本人てこういうの弱いですよね。例えば、甲子園で高校球児が仲間とともに優勝目指して一喜一憂するなかで、エースがアクシデントに見舞われて満身創痍になりながらなお投げ続けるのとか。花巻東高時代の菊池雄星の話とか有名ですよね。負けたら終わりという甲子園大会特有の勝利至上主義がもたらす弊害とか言われますが、別に批判したいわけじゃないんですけどその自己犠牲の精神を美化するのはどうなんだろうなぁ、と常々思いますね。話を戻すと、その交代の経緯を「こういうストーリーがいいんだ」みたいな発言した某社長がいたりしたので、どこまで本気で言ってるのか知りませんがそんなことは望むところではまったくないので勘違いしないでほしいですね。まだ僕は2回しかライブ見に行ってないのですが、初めて行った「Vier」(ドイツ語で4を意味するらしいですね、Roseliaはドイツ語使うこと多いですね。なんで二外ドイツ語にしなかったんでしょう、ほんとに悔やまれます)は、ちょうど明坂さん降板直後のライブで、キーボード不在のまま始まりました。なんか足りないなぁ、ときっと誰もが思いながらライブが終盤に差し掛かったところで、突然の新キャスト発表で志崎さん登場からのキーボードが加わって再開されたライブ。足りなかったピースがそろったみたいな。何が言いたいかって、最高ですねってことです。なんとなしに行ったライブでそんなことがあったらもうはまりますよね。不可避ですね。んで、「Vier」から先日のライブ「Hitze」までたった数か月しかなかったのですが、志崎さん普通に演奏してましたね、すごいですね。音大出身らしいというのもあると思いますが、きっとかなりの努力があってのパフォーマンスなんだろうなと思うとやっぱり感動しましたし、尊敬します。声優としては新人とのことで、曲間の話し方とかで緊張してるんだなぁ、て感じでしたがそれがまたよかったですね。次回のライブは今年の8月に富士急ハイランドで初の野外ライブとの発表もあり、猛烈に楽しみなのですがこんな周期でライブやって大丈夫なんかなとか思ったりしました。次こそ現地で見たいのですが抽選券がCDに同梱だったり、しかもそれでやっと抽選かよとか思ったり。バイトしないと……。ともかく、もし興味もった方いらっしゃったらとりあえず聴いてみてください。Youtubeに公式チャンネルが動画上げてますのでぜひ。どれもいい曲なので全部聴いてほしいのですが、落ち着いた曲風のだと「軌跡」とか、アップテンポだと「R」とか好きです。感想お待ちしてます。


 てことで思いついたこと書いていっただけなので読みにくいことこの上ないと思いますが、もし最後まで読んでくださった方いらっしゃいましたら、お付き合いいただきありがとうございました。そして、平気な顔して締め切り破ってweb担には迷惑をかけました。ごめんなさい。先月号だと合宿の告知とかしてたので、前半でさんざん書きましたが僕も外務関連の告知します!次回の審査は5/18、5/19です。申込はもうおわってるのですが、当日参加された方はもれなく藁矢引き放題(かもしれない)のでたくさんのご参加お待ちしてます!以上、33期外務の小野がお届けしました。


****************************************


《会員用ページID/パスワード変更のお知らせ》


 2019年度前期より、KQCホームページの会員用ページのログインIDとパスワードを変更いたします。新しいIDとパスワードにつきましては、前期会費を支払っていただく際に、財務よりご連絡いたします。

 ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。         

(内務:細田)


****************************************


《写真掲載に関して》


 KQCでは、新入生や外部の方々にもKQCの雰囲気を知ってもらうために、Facebookやホームページなどに写真を掲載して公開しております。

 ご自身の写真が掲載されることに抵抗のあるという方や、すでに掲載されている写真のなかで削除を希望するものがあるという方は、お手数ですが細田まで直接、もしくは以下のメールアドレスにご連絡ください。

 写真掲載に関するご意見も同時に募集しております。

メール:13shioriko@gmail.com                    

(内務:細田)


****************************************


KQC Times 3月号

KQC Timesでは、皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

13shioriko@gmail.com 細田までご連絡ください。

(文責:33期 細田詩織)

345回の閲覧

最新記事

すべて表示

KQC Times 2020年1月号

皆さんこんにちは。私の担当としては最後の更新なのにしれっと遅刻してしまいました。 ただいま春合宿二日目の夜です。隣で宴会をしている人々がとても楽しそうです。もう…、今月はコラムも書いたし、前文は手を抜いても許されるのではないでしょうか…?嘘です。 一月には成人射会がありました。たった一手引くためだけにわざわざ京都くんだりまで上洛しなきゃいけないんですよ?やばいイベントですね…。女子が着物姿なのに男

KQC Times 2019年12月号

皆さんこんにちは。ひさしぶりにその月中に書き終えたのですが、しばらくWi-Fiが使えないので載せるのは1月になりそうです……。 ということで、2020年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 28日に33期ひよだい・内務の運営する最後の練習がありました。寒い中、年末のお忙しい中お越しくださった皆さん、ありがとうございました。拙い部分も多い運営だったと思いますが、少し

KQC Times 2019年11月号

皆さんこんにちは。とっても遅くなりました。申し訳ありません。 11月の終わり頃から本格的に寒くなってきましたね。今年はインフルエンザの流行が例年よりも早いそうなので、皆さんくれぐれも体調にはお気を付けください……。 11月には温泉合宿がありました。参加してくださった皆さん、ありがとうございました。34期が運営する初めての合宿、楽しんでいただけましたでしょうか。 私は途帰りしてしまったので、温泉合宿

KQCに関するご意見・お問い合わせのある方や、

入会や練習の体験・見学をご希望の方は、

 kqc2008@gmail.com までご連絡ください。 

© 2018 KQC

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン